fujitent
「アストロフォイル」アルミ遮熱材 省エネ エコ 高品質・高性能遮熱材  ◆全商品 税込価格!
HOME
パイプ車庫
パイプ車庫 補強セット
パイプガレージ
パイプ倉庫
パイプ
ビニールハウス
ほすべー
万能ビニール
トラック幌・シート・マット
ゴルフネット
バッティング練習ネット
アイデアネット
疲労軽減 快々マット
ベッドテント
あっとテント
おたすけテント
エブリポート
プロシート
カートの中を見る
各種組立図・設置方法
ご注文の流れ
(ご購入前に必ずお読みください)
お問い合わせ
ご利用案内
通信販売法規
会社案内
プライバシポリシー
免責事項
サイトマップ

HOME >>「アストロフォイル」アルミ遮熱材
アルミ遮熱材 特長 アルミ遮熱材 買い物かご アルミ遮熱材 注意点



屋根への施工に関する注意点
(1)重ねて施工するのは絶対に避け、必ず突き付けで施工してください。突き付けの部分は専用のアルミテープで
留めることをおすすめします。
(2)熱源方向に必ず空気層を設けてください。
(3)防水用ルーフィングシートの代わりになりませんので、防水用ルーフィングシートと併用して御使用ください。
(4)施工時、太陽光をアルミが反射して眩しさを感じることがありますので、サングラス等の防護対策をとるようにしてください。
(5)アルミの表面はその特性上滑りやすいので、雨天や朝露時の作業は避け、必ず命綱等の防護対策を
とるようにしてください。

壁への施工に関する注意点
(1)重ねて施工するのは絶対に避け、必ず突き付けで施工してください。
(2)突き付けの部分は必ず表裏両面を専用のアルミテープで留め、気密をとるようにして下さい。
(3)熱源方向に必ず18mm程度の静止空気層を設けてください。

床への施工に関する注意点
(1)重ねて施工するのは絶対に避け、必ず突き付けで施工してください。突き付けの部分は必ず専用のアルミテープで
留めて下さい。
(2)熱源方向に必ず空気層を設けてください。
(3)大引にかけて施工する場合、施工方法をよく読み、不陸を防ぐため、大引上の気泡シート層をローラーまたは
パッキンで調整してください

保管上の注意点
(1)ロールになっている状態で水に濡れるとアルミ同士が化学反応を起こす可能性がありすので、雨の当たらない
屋内に保管してください。
(2)使用後に余った遮熱材は、梱包用の袋に戻し、ほこり等がつかないよう口を閉じて保管してください。



アストロフィル施工写真


Copyright (C) fujitent.com All Rights Reserved.